ホーム » 調停センター「ぽると」

調停センター「ぽると」

兵庫県司法書士会調停センター「ぽると」では、対話型調停での、当事者の話し合いによって紛争を解決へと導きます。

1.公正・中立な調停を行います。

十分な研修を積んだ司法書士が調停人(メディエーター)となり、公正・中立な立場で調停(メディエーション)を行います。

2.納得のいく柔軟な解決を目指します。

裁判などの法律による解決は、当事者の感情の行き違いが残ったままになりがちです。対話型調停は、当事者の話をじっくりと伺い、気持ちや人間関係等に配慮し、多様なアイディアや智恵を出し合い、納得のいく解決を目指します。

3.秘密は厳守いたします。

調停で話された内容は、外部に公開されることはありませんので、安心して話ができます。

4.費用は、認証申請準備中につき無料です。

兵庫県司法書士会「ぽると」で取り扱う紛争は、140万円以内の民事に関するものです。

◆ 近所との円満な付合いを続けられるような形での解決を望む。
◆ 職場での人間関係を壊さずに問題を解決したい。
◆ その他 裁判まではしたくないが、お互いに納得のいく解決がしたい、自分の気持ちを相手に伝えたい など

ご利用のお問い合わせについて
兵庫県司法書士会調停センター「ぽると」のご利用を希望される場合やお問い合わせは、まず利用相談のご予約をお願いいたします。利用相談は、毎月第2・第4水曜日の18時から開催します。(相談無料)*電話でのご相談はお受けしておりません。
利用相談のご予約について
TEL:078-341-2755
 (総合相談センター 予約受付)
「調停センター『ぽると』の利用相談の予約」とお伝えください。
予約受付時間 月曜日から金曜日 (祝祭日を除く)
9:00 - 17:00
対話型調停の特徴

1、同席調停を行います。

申立人と相手方、及び調停人(メディエーター)が一堂に会して話し合いを行いますので、当事者は直接相手と話をすることができます。

直接相手と話すことを不安に思われる方も、調停人が話し合いが円滑に進むよう支援しますので、安心してお話しいただけます。

2、当事者自らが解決策を見出すことができます。

当事者の同意なく、調停人から積極的に和解案を提示することはありませんので、納得いくまで話をすることができ、当事者自らが和解内容についての提案をしていただけます。

3、関係者が調停の場に参加することが可能です。

裁判所の調停とは異なり、当事者の合意があれば、関係者の方の参加が可能です。

※ただし、調停人が調停手続きの実施に支障がないと認めた場合に限ります。

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ