ホーム » 司法書士のしごと » 不動産の登記の概要 » 不動産の登記

 

不動産の登記

不動産(土地・建物)の持ち主が変更になった場合や、不動産を担保に借入れをする場合などには、登記手続をしなければなりません。

司法書士は、登記手続の専門家として、不動産の権利関係の調査、確認を行い、権利の保護と取引の安全に努めています。

不動産登記とは

不動産登記制度は、あなたの大切な土地や建物の物理的状況(例えば所在・面積等)と権利関係(例えば所有者の住所氏名等)を、法務局という国家機関が管理する登記簿に正確に公示することにより、所有権等の権利に対抗力を付与し、保護を図るとともに、これを一般に公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、売買・抵当権設定等の不動産取引の安全と円滑を図る制度です。

近年、不動産取引は、複雑・多様化しており、それに伴って権利関係もますます複雑化しており、不動産取引にあたっては、高度な法律知識が必要となってきました。

あなたが専門家の助けを借りずに、自分の力だけで権利を護ることは難しい時代になってきています。

司法書士は、登記手続を行うにあたり、当事者及び実体関係を調査・確認し、不動産取引の安全と権利の保護並びに登記の真正確保に努めています。

こんなとき登記が必要

  • 建物を建てたとき
  • 土地や建物を売買したとき
  • 土地や建物を相続したとき
  • 土地や建物を贈与交換
  • 財産分与遺贈したとき
  • 金融機関等から事業資金を借りたとき
  • 住宅ローンで持ち家を購入 または 建てたとき
  • 事業資金住宅ローンの借入金を返済したとき
  • 住所を変更したとき
  • 婚姻養子縁組等で氏名が変わったとき
  • 土地や建物を貸したとき
  • その他信託船舶工場財団
  • 漁業財団等
登記の無料相談会のページへ

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ