ホーム » 司法書士のしごと » その他企業の法律問題の概要 » その他企業の法律問題

その他企業の法律問題

司法書士は、会社や経営者(個人)が日常関わる法律全般に精通し、売掛金の回収、各種契約書のリーガルチェック、事業承継(経営承継)など様々な法律問題の相談、業務を行っています。
中小企業の経営者や個人事業主などが日々抱える日常的な法律問題に関する相談については、継続的な相談契約(顧問契約)も行っています。

司法書士はこれまで,商業登記を担い様々な企業と関わりをもってきました。

商業登記のオンライン化,新会社法の施行等により,企業にはよりコンプライアンスを,重視した経営が求められております。

我々司法書士を,身近な相談者としてご活用ください。

たとえば,こんな疑問には

Q: 私は、会社を経営しています。
営業力には自信があるのですが、法律関係に弱く、いつも一人 で悩んでいます。
日常的に発生する雑多な法律等に関する問題は、誰に相談すれば良いのでしょうか?

回答:全般・顧問契約について

Q: 当社は会社法施行前からある株式会社です。
取締役・監査役といっても名目的に家族がなっているだけで、今まで取締役会をしたことがありません。取締役会をしなければならないのでしょうか?

回答:取締役会について

Q: 最近よく耳にするLLP・LLCって何ですか?
回答:LLP・LLCの活用について

Q: 取引先金融機関から当社の役員の任期が切れていると指摘されましたが、どうすればよいですか?
回答:役員の任期について

Q: 有限会社を株式会社にしたいのですが,どのような手続が必要ですか?
回答:有限から株式について

Q: 中小企業の事業承継について悩んでいます。
回答:中小企業の事業承継について

Q: 会社の商号(会社名)を定めるのに、制約はありますか?
回答:会社の商号(会社名)を定める制約について

Q: 会社の目的を定めるのに,制約はありますか?
回答:会社の目的を定める制約について

Q: 定款を紛失してしまいました・・・・
回答:定款の紛失について

Q: 定款を変更しないといけませんか?
回答:定款変更について

もちろん,上記の疑問や悩み以外にも、中小企業、その経営者や個人事業主等が日々抱える様々な法律問題に関する相談については、継続的な相談契約(顧問契約)も行っておりますので、是非お近くの司法書士にご相談下さい。

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ