A: 日本語として意味の通じない目的は、意思表示としての明確性を欠き、法的な効力を有しないため、会社の目的として定めることはできません。

違法な目的、公序良俗に反する目的は無効であるため、会社の目的として定めることはできません。
上記以外はとくに制約はありません。
しかし、なにを業務とするのか、その範囲が広範すぎるなど、一般にわからない目的を登記記録に公示するのは、社会に正体不明の会社という印象を与えかねず、得策ではないと考えます。

  ご不明な点は,お近くの司法書士にご相談ください。