ホーム » 司法書士のしごと » 会社や法人の登記の概要 » 会社や法人の登記

会社や法人のこと

会社や法人は、設立、役員の変更など取引上重要な事項を登記し、一般に公開しなければなりません。 司法書士は、登記手続の専門家として、会社や法人に関する登記を行い、権利の保護と取引の安全に努めています。

会社の登記(商業登記)とは、株式会社等の会社や商人・その他法人について、取引上重要な事項を登記簿に記載(会社設立,商号変更,役員変更,取締役会,その他・・・)して、広く一般に公開する制度です。

登記簿で会社等の内容を公開することにより、その会社等と取引をしようとする人が思わぬ損害を被ることがないように、取引の安全と円滑化が図られています。

登記は法務局が管理し、登記官の手で商業登記法にのっとり、相当厳格な手続で行われていますが、例えば取引する会社についてその内容を調べたい場合には、その会社の本店の所在地を管轄する法務局に行けば、誰でも手数料を支払って商業登記が閲覧出来るようになっています。

登記簿を見れば、どんな名前で(商号)、どこで(本店)、どんなことをしていて(営業目的)、誰が役員で(代表取締役、取締役、監査役)、その役員はいつから就任し、またいつ辞任しているのか(就任辞任の日)、どんな規模で(資本金)、その他にどこで営業している(支店)会社なのか等、結構色々なことが分かります。

また、増資や減資を繰り返していれば、累積赤字を消しているのかも?と言ったことや、役員の変更が頻繁であれば、会社内部に揉め事があるかも?と言ったことも推測出来ます。

近年、商取引の活性化を図るべく、商法の改正が頻繁になされており、また今後もさまざまな改正が行われる予定です。これにより、株式会社の形態も多様化していくものと思われます。

みなさんも、一度興味のある会社の登記簿をご覧になってみては如何でしょうか!?

登記相談会のページへ

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ