ホーム » 司法書士のしごと » 成年後見の概要 » 成年後見

会社や法人のこと

成年後見制度とは、認知症や知的・精神障がいなどにより、自分自身で判断することが十分にできず財産の管理や契約をすることが困難な方のために、その代わりをする「後見人」を選ぶものです。 司法書士は、制度発足以来、積極的に後見業務を行っています。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 認知症となってしまった両親がリフォーム詐欺などの悪質商法被害に遭わないか心配だ。
  • 寝たきりの父の面倒をみて財産管理をしてきたが、他の兄弟から疑われている。
  • 知的障害を持つ子供の将来が心配
  • 一人暮らしの老後を安心して過ごしたい
  • 認知症になったとき,財産管理はどうすればいいのかわからない。

成年後見制度を利用して解決しましょう !!

  • 「任意後見」といって、元気なうちに、あらかじめ信頼できる人に、判断能力が衰えた後の財産管理を任せる契約をしておくことができます。
  • 「成年後見」といって,成年後見人が,判断力の無くなった方に代わってご本人のために財産管理や身上配慮を行ないます。
  • 「補助」あるいは「保佐」といって,補助人保佐人をつけてもらって,契約の際に慎重な判断をすることができます。
  • 成年後見人,保佐人,補助人はいずれも「家庭裁判所」が選びます。

成年後見相談会のページへ

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ