ホーム » 司法書士のしごと » 相続

相続

亡くなった方の財産は相続財産として、通常、相続人全員が共有することになります。相続財産は、相続人が話合いをすることによって整理することができますが、話合いがまとまらないときには、家庭裁判所へ調停を申し立てることになります。
また、亡くなった方に借金がある場合、その借金も相続人が引継ぐことになりますが、借金が財産よりも多い場合には、家庭裁判所へ相続放棄の申出をすることで、初めから相続人でなかったことになり、借金を引継がなくて済むケースもあります。
司法書士は、これら家庭裁判所への申立書面の作成を通じて、相続される方のサポートをしています。

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ