ホーム » 司法書士のしごと » 労働のトラブルの概要 » 労働のトラブル » 相談事例によるQ&A » 未払い賃金(相殺型)

未払い賃金(相殺型)

Q
私は、勤め先から「貴方は会社の車を壊したので、その修理代金17万円を給与の20万円から天引きします」と一方的に言われ3万円だけが賃金として支払われました。私は納得するしかないのでしょうか?
A
賃金の支払については,その全額を,毎月一定期日に,直接,通貨により支払う必要があります。
使用者が,一方的に賃金から何らかの金員を差し引くことは,原則として認められることではありませんので,相談者の事例の場合には,一方的に差し引かれ,未払いとなっている賃金の請求をすることができる可能性があります。

詳しくは兵庫県司法書士会の無料労働相談会でご相談下さい。

相談事例によるQ&A(労働のトラブル)の一覧に戻る

無料労働相談会 毎週 火曜・金曜 午後5時から7時。ご予約はこちら
兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ