ホーム » 司法書士のしごと » 労働のトラブルの概要 » 労働のトラブル » 相談事例によるQ&A » 残業代の未払い

残業代の未払い

Q
毎日、朝9時から夜は11時まで働いていますが、会社からは残業代の支払がありません。もう、体もしんどくて限界です。せめて働いた分の残業代をきちんと支払ってもらいたいのですが。
A
会社は、労働者を1日8時間かつ1週40時間(これを、法定労働時間と言います。)以上働かせた場合には、時間外労働の割増賃金を支払わなければなりません。又、夜10時から朝5時までの深夜や早朝勤務の場合や、休日に労働させた場合にも、割増賃金を支払う必要があります。

あなたの場合、毎日5時間の時間外労働と1時間の深夜労働が発生していますので、この分の割増賃金(残業代)を会社に請求することができます。なお、会社は労働者に法定労働時間を超える残業を命じるためには、労働組合又は労働者の過半数を代表する者と時間外労働に関する協定(一般に、「サブロク協定」と言われるものです。)を締結しなければなりません。もし、サブロク協定を締結せずに、違法な残業を命じている場合には、労働基準監督署に申告し、残業をさせないように指導・勧告してもらったり、今まで働いた分の労働時間に応じた残業代を支払うよう指導してもらうこともできます。

残業代を請求するためには、実際に何時間働いたのかがわかる労働時間の資料(タイムカード・勤務表のコピーなど)が重要です。

詳しくは兵庫県司法書士会の無料労働相談会でご相談下さい。

相談事例によるQ&A(労働のトラブル)の一覧に戻る

無料労働相談会 毎週 火曜・金曜 午後5時から7時。ご予約はこちら
兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ