ホーム » 司法書士のしごと » 労働のトラブルの概要 » 労働のトラブル » 相談事例によるQ&A » 解雇予告手当

解雇予告手当

Q
いきなり会社をクビにされました。こういうときには退職金以外にも、何か請求できると聞いたのですが?
A
前もって、解雇するとの予告を受けずに解雇されていますので、解雇予告手当として30日分以上の平均賃金を支払うように、会社に請求できる場合があります。

雇い主(使用者)が労働者を解雇するときには、原則として、少なくとも解雇の日の30日前までに解雇の予告をしなければなりませんが、この予告をせずに解雇したとき、または、予告日から解雇までの期間が30日に足りない場合は、使用者は労働者に対し、不足する日数分の平均賃金(解雇予告手当)を支払わなければならないとされているためです。

但し、解雇予告制度の適用がない場合がいくつかありますし、適用される場合であっても、請求額を決めるための平均賃金の計算方法など、注意すべきポイントがあります。

詳しくは兵庫県司法書士会の無料労働相談会でご相談下さい。

相談事例によるQ&A(労働のトラブル)の一覧に戻る

無料労働相談会 毎週 火曜・金曜 午後5時から7時。ご予約はこちら
兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ