ホーム » 司法書士のしごと » 労働のトラブルの概要 » 労働のトラブル » 相談事例によるQ&A » 有給休暇

有給休暇

Q
私はパート社員ですが,有給休暇をとることはできないのでしょうか?
A
パート社員であっても,雇入れの日から6か月間継続して勤務し8割の出勤率があれば,年次有給休暇をとることができます。
ただし,週の労働時間が30時間未満で所定労働日数が週4日以下(年間所定労働日数が216日以下)の場合は,年次有給休暇の日数は次のようになります。
*「所定労働日数」とは、労働契約や就業規則等により定められ,労働者が労働を提供すべき義務を負っている日数のこと

週所定労働日数1日 1日 2日 3日 4日
1年間の所定労働日数 48 - 72日 73 - 120日 121 - 168日 169 - 216日
雇入れの日から起算した
継続勤続年数
6か月 1日 3日 5日 7日
1年6か月 2日 4日 6日 8日
2年6か月 2日 4日 6日 9日
3年6か月 2日 5日 8日 10日
4年6か月 3日 6日 9日 12日
5年6か月 3日 6日 10日 13日
6年6か月以上 3日 7日 11日 15日

詳しくは兵庫県司法書士会の無料労働相談会でご相談下さい。

相談事例によるQ&A(労働のトラブル)の一覧に戻る

無料労働相談会 毎週 火曜・金曜 午後5時から7時。ご予約はこちら
兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ