ホーム » 司法書士のしごと » 借金の問題 » たとえば、こんな相談(Q&A)

相談事例によるQ&A

Q: 借金をしているのですが、収入は安定しています

 あなたがいつから借金を始めたのか、どんな返済の仕方をしていたのかを教えてください。あなたの借入れと返済を、取引履歴をもとに、利息制限法の制限利率で再計算します。あなたが本当に返済しなければならない額を確定させるのです。
そして、あなたの家計を点検して1ヶ月に返済できる額を予想し、返済できる方法を相談しましょう。
 今後の利息の支払いはなくなり、返済総額が減る場合もありますし、場合によっては、払いすぎた利息の返還を請求できる場合もあります。

Q: 住宅ローンだけは支払い続けたいのですが

 あなたの家族の家計を見直してみましょう。無駄遣いはありませんか?無駄を省いて、家計を切り詰めると住宅ローンの返済の他に、いくら余裕があるでしょうか?もし、いくらか返済の余裕があれば、住宅ローンを除いて、他の債務を圧縮することが可能な手続きがあります。
 ただし、過去2年間とこれからの3年間ぐらいは収入が安定していることが条件になります。ですから、お仕事を続けることが最低の条件になります。

Q: 遅れながらも返済を続けてきましたが、失業してしまいました

 借金の返済が出来なくなった場合は、他から借り入れて返済に回すことはやめてください。借金が増えてしまうだけ、解決になりません。
そんな時は、自己破産を考えてみましょう。自己破産というと暗いイメージがありますが、そうではありません。高価な財産は手放さなければなりませんが、借金の返済からは解放されます。戸籍に記載されたり、日常生活に影響がでることはありません。
 もちろん、自己破産して払う責任を免除されたからといって、生活費が得られるわけではありませんから、生活するために収入を得る方法を見つけていかなければなりません。
※どうしても仕事が見つからず、生活ができない場合は生活保護を検討しましょう。
生活保護のページへ

Q: 死んだ親父に借金がありました

 お父さんの残された財産の額と、借金の額を比べてみましょう。
プラスの財産のほうが多い場合は、財産は相続して、借金は返済する方法を考えてみるのはいかがでしょうか?  借金のほうが、明らかに多い場合には、相続放棄をすることで、相続人ではなくなり、借金を相続しなくて済む方法があります。
 相続放棄の申述は、家庭裁判所に、あなたが相続の開始を知った時から3か月以内にしなければなりません。その期間を伸長出来る場合もありますのでご相談ください。

無料相談会のページへ
兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ