ホーム » 雑感 » 3月は「その請求に困ったら司法書士へ」強化月間

雑感(ざっかん)

3月は「その請求に困ったら司法書士へ」強化月間

2018年03月12日

お金を借りた人が時効制度を知らないことに乗じて、昔の借金の債権を債権会社から買い取り、個別訪問や裁判手続を利用して、債権を回収する業者がいることが裁判事例などで多く見られるようになっています。
この場合、事案によっては消滅時効の成立を主張することにより、支払いの必要がなくなるケースもあります。
請求に受け身の立場に置かれると、十分に言い分を言ったり、法的主張をすることが出来なくなりがちです。
この様な時、司法書士が法的助言や事件関与をすることにより、生活再建に繋がったり、救われることがあります。
「昔に借りたお金の返済請求が来たけれど...」「カードで買い物をし過ぎてしまって...」「就職できなかった。奨学金の支払いをどうしよう...」「給与が下がって家賃を滞納してしまった」等ということはありませんか?
一度、司法書士に相談してみませんか?

兵庫県司法書士会では、この3月、「その請求に困ったら司法書士へ」強化月間を実施しています。
金銭の請求を受けてお困りでしたら、司法書士にご相談してみてください。
詳しい日程と会場は、兵庫県司法書士会のホームページでご確認ください。
ホームページ左上相談会のバナーをクリックして頂くと、兵庫県各地で開催されている無料相談会の案内を確認できます。

兵庫県司法書士会
〒650-0017 神戸市中央区楠町2-2-3 兵庫県司法書士会館   電話番号 : 078-341-6554  FAX番号 : 078-341-6567
Yahoo!ブックマークGoogleブックマークはてなブックマーク
このページの先頭へ