相続のこと

相続のこと

相続といえば、どんなことが思い浮かびますか?
うちはそんな財産持ちじゃないから関係ないよ・・・と仰る方もいるかもしれませんね。
でも、プラスの財産だけでなくマイナスの財産=借金も相続の対象になります。
ですので、遺産のプラスとマイナスをよく調べないといけません。
マイナスが多いので相続したくないなぁと思ったら
‘相続放棄’を家庭裁判所に申し出ると、初めから相続人でないことになります。
ですがこの申出は、相続を知ったときから3ヶ月の間にしなければなりません。
3ヶ月はあっという間ですので注意が必要です。
もっとも、一定の事情があれば3ヶ月の期間は延長されることがあります。
会社の経営者が亡くなれば、事業の承継をどうするか?といった問題も生じます。
持ち株の相続問題、代表者の個人保証の問題、経営権の問題など、
クリアーにしないといけないものが多く、
専門家を交えた整理・処理が必要になってくる場合もあります。
一般的には、土地や建物の名義変更をどうすればよいのか?
という問題が多いかもしれません。
相続登記をして名義を相続人に変更することになりますが、その前提として、
相続人同士で遺産の分け方について十分に話し合い、納得しておくことが肝要です。
もし、分け方に納得がいかなければ、
裁判所に遺産分割の調停などを申立てることになります。
このように誰かが亡くなり相続が生じると様々な法律問題が出てきます。
しかも、これらは避けて通るわけにいきません。
司法書士会では、相続について、わかりやすく、親しみやすく考えようということで、佐竹隆幸教授(兵庫県立大学大学院 経営研究科)、タレントのロザン(よしもとクリエイティブエージェンシー所属)をお招きし、セミナーを開催します。足をお運びいただければ幸いです。
(詳しくはトピックスをご参照下さい。)

コラム

img img

相談会のお問い合わせ

兵庫県司法書士会

〒650-0017
神戸市中央区楠町2-2-3

お問い合わせ

TEL:078-341-2755

(平日9:00-17:00)

リンク

PAGE TOP